公開日:2016年6月3日 

東海第二原発の建屋内で放射性廃液750リットルが漏えい→原因は不明

東海第二原発の場所の地図

2016年6月2日14時55分頃、茨城県東海村にある東海第二原発の廃棄物処理棟の地下1階で放射性廃液が漏れ出ているのを作業員が発見した。
東海第二原発の放射性廃液漏れがあった建屋
その後、上部に位置する階(タンクベント処理装置室)においても同様に放射性廃液が漏れ出ているのを発見した。※1
東海第二原発の放射性廃液漏れ現場の画像
漏れ出た放射性廃液は約750リットルとみられ、表面汚染密度を評価したところ1リットルあたり37万ベクレル放射性物質が検出された。

スポンサードリンク

なお放射性廃液はいずれも建屋内に留まっており、外部への漏えいや作業員の被曝はなかった。

漏れ出た原因はまだ分かっておらず、東海第二原発を運営する日本原子力発電が詳しく調べている。

※1http://www.japc.co.jp/news/press/2016/pdf/280602.pdf
※1http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160603-00000008-jnn-soci

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
≪教えて!矢ヶ崎克馬名誉教授シリーズ≫
【死せる水トリチウム】三重水素の恐怖の正体
食品基準100ベクレルを矢ヶ崎克馬教授が切る!
内部被曝を激減させる簡単でも大切な2つのこと

▼最新情報を無料でSNS配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

このページの先頭へ