公開日:2016年6月3日 

【緊急特集】宮城県丸森町で子供2人が甲状腺がん→福島県と比較する

2016年6月2日に宮城県丸森町が、町議会全員協議会に示した資料によると福島第一原子力発電所の事故当時に0歳から18歳だった丸森町民等を対象に実施している甲状腺エコー検査で、今回初めて2人の子供達が甲状腺がん及び疑いと診断されました。※1
福島県と宮城県丸森町、茨城県北茨城市の子供の甲状腺がん市町村別分布地図

なお2人は現在はともに成人していて、性別は女性。1人はすでに手術済みで甲状腺がん確定。1人は経過観察中です。

宮城県丸森町による甲状腺エコー検査は丸森町が独自の判断でおこなっているものです。甲状腺検査の対象者は福島原発事故当時0~18歳だった丸森町民、さらに原発事故直後の転入者、出生者も合わせた合計2323人が対象となっています。

この検査対象者2323人のうち2012年3月~2013年1月に初めておこわれた甲状腺エコー検査では1982人が受診し、甲状腺がん及び疑いと診断された子供は1人もいませんでした。

今回の二回目の甲状腺エコー検査は2015年7月~2016年4月にかけておこなわれ1564人が受診し、その中から2人が甲状腺がん及び疑いと診断されたということです。

スポンサードリンク


甲状腺がん及び疑いと2人が診断されたことについて丸森町の保健福祉課は

「(福島)原発事故が原因かどうかははっきりしない。福島県で行っている調査でも最終結論には至っておらず、その動向を見たい」

と説明しています。丸森町が独自の判断でおこなっている甲状腺エコー検査だからか…わからないことは、わからないと真摯に答えて下さる丸森町の姿勢は非常に立派だと思います。

そこで2016年6月3日現在、公表されている福島県茨城県北茨城市の小児甲状腺がんの資料と比較して、丸森町の甲状腺がんが福島原発事故が原因の可能性はないか?探ってみようと思います。

なぜなら福島原発事故が原因だとわかれば東京電力と国に損害賠償請求ができるからです。

なお福島県の甲状腺がんと考えられる子供達172人(2016年3月31日時点)を市町村別に分類した資料は福島の甲状腺がんと子供達→原発事故の現在は?をご覧下さい。

茨城県北茨城市の甲状腺がんと診断された子供達3人(2015年8月25日公表)と福島県の患者数やヨウ素131の推定分布を比較した資料は茨城県北茨城市の子供達3人→甲状腺がん!北関東と福島県との比較をご覧下さい※ヨウ素129から推定されたヨウ素131の土壌濃度分布については宮城県丸森町のデータもあります。

■小児甲状腺癌患者数で比較

その市町村の子供達の何人に1人が甲状腺ガンを発病したか?を色分けしたのが下記の地図となります。地図の右上にある宮城県丸森町、地図の右下にある茨城県北茨城市以外はすべて福島県の市町村です。

地図の右側の真ん中にある×が福島第一原発です。
…1人~999人に1人が発病
…1000人~1999人に1人が発病
…2000人~2999人に1人が発病
…3000人~3999人に1人が発病
…4000人~6999人に1人が発病
福島県と宮城県丸森町、茨城県北茨城市の子供の甲状腺がん市町村別分布地図

この地図を一覧表にしてみましょう。甲状腺癌及びその疑いの子供は何人に1人いるのか?発病した割合が高い市町村順に並べてあります。

≪小児甲状腺がん及び疑い人数≫
市町村名 患者数 患者は何人に1人いる?
川内村 1人 280人に1人
湯川村 1人 515人に1人
大熊町 3人 657人に1人
大玉村 2人 686人に1人
下郷町 1人 710人に1人
浪江町 4人 812人に1人
中島村 1人 832人に1人
本宮市 6人 872人に1人
平田村 1人 873人に1人
丸森町 2人 991人に1人
川俣町 2人 1110人に1人
泉崎村 1人 1157人に1人
伊達市 9人 1178人に1人
塙町 1人 1255人に1人
田村市 5人 1265人に1人
郡山市 42人 1287人に1人
二本松市 6人 1476人に1人
白河市 7人 1544人に1人
北茨城市 3人 1592人に1人
いわき市 28人 1765人に1人
南相馬市 6人 1798人に1人
桑折町 1人 1874人に1人
会津若松市 8人 1904人に1人
猪苗代町 1人 1945人に1人
鏡石町 1人 2030人に1人
会津坂下町 1人 2139人に1人
石川町 1人 2163人に1人
富岡町 1人 2302人に1人
棚倉町 1人 2321人に1人
福島市 20人 2365人に1人
須賀川市 5人 2416人に1人
矢吹町 1人 2567人に1人
会津美里町 1人 2609人に1人
三春町 1人 2730人に1人
西郷村 1人 3618人に1人
相馬市 1人 5209人に1人
合計 177人 1735人に1人

なお宮城県丸森町の子供達の何人に1人が甲状腺がんだったか?計算する際の分母は初めておこわれた甲状腺エコー検査の受診者1982人を使って計算してあります。

検査受診者1982人÷甲状腺がん患者2人=991人

なぜ二回目の甲状腺エコー検査の受診者1564人を使って計算しないか?

と言えば福島県や茨城県北茨城市は計算の際に最初の甲状腺エコー検査の受診者を分母にして計算しているためです。土台である分母を同条件にして比較しないと意味がありませんので。

※1http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160603_13031.html

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
≪福島原発事故と小児甲状腺がんシリーズ≫
福島の甲状腺がんと子供達→原発事故の現在は?
宮城県丸森町→子供の甲状腺がんを福島県と比較
茨城県北茨城市の子供3人→甲状腺がんと診断!
福島県の真実→小児甲状腺癌に地域差が存在する

▼最新情報を無料でSNS配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

このページの先頭へ