公開日:2016年8月7日 

老朽化した美浜原発が運転延長審査に合格→骨抜きの40年廃炉ルール

美浜原発3号機
原子力規制委員会は2016年8月4日、運転開始から40年を超えれば本来は廃炉になる…いわゆる老朽原発となるまで、あと4か月と迫っていた関西電力の美浜原発3号機について20年間の運転延長を可能にする「審査書案」を了承し審査を合格させました。※1※2

これで美浜原発3号機は2036年まで運転できることになります。ただし追加工事などの必要があるため、美浜原発3号機の実際の再稼働は2020年の春以降になる見通しです。

スポンサードリンク


福島第一原発事故後に改正された原子炉等規制法は、原発の運転期間を原則40年と規定しています。しかしこの規制には例外…抜け穴があって原子力規制委員会の延長審査に合格すれば最長20年の延長が1回だけ可能と規定されています。つまり延長審査に合格すれば原発の運転開始から数えて最長60年まで運転できるということです。

運転開始から40年を超えれば本来は廃炉になる原発の運転延長が認められたのは2016年6月20日に老朽化の高浜原発1号機、2号機が運転延長審査に合格して以来、2例目の出来事です。

これで福島原発事故後に導入された原発の運転開始40年廃炉ルールが完全に骨抜きになってしまったことになります。このままでは運転開始から37年の東海第二原発や運転開始から36年、37年となる大飯原発1号機、2号機も20年間の運転延長審査を申し込みしてくる可能性があります。

運転開始から35年以上たった原発…老朽原発予備軍の原発も含めて、老朽原発の現状を確認してみましょう。

原発の運転開始からの年数(2016年8月7日)
原発名 運転年数 現状 事業者
敦賀原発1 46年 廃炉決定 日本原電
美浜原発1 45年 廃炉決定 関西電力
美浜原発2 44年 廃炉決定 関西電力
島根原発1 42年 廃炉決定 中国電力
高浜原発1 41年 運転延長 関西電力
高浜原発2 40年 運転延長 関西電力
玄海原発1 40年 廃炉決定 九州電力
美浜原発3 39年 運転延長 関西電力
伊方原発1 38年 廃炉決定 四国電力
東海第2 37年 稼働予定 日本原電
大飯原発1 37年 未定 関西電力
大飯原発2 36年 未定 関西電力
玄海原発2 35年 未定 九州電力

目につくのが関西電力の多さです。関西電力老朽原発老朽原発予備軍の原発の53%をたった1社で抱え込んでいることになります。

最後に。日本の原発を審査している日本の原子力規制委員会は、アメリカの原子力規制委員会(NRC)を真似して作ったものですが、アメリカ原子力規制委員会(NRC)のトップだったグレゴリー・ヤツコ前委員長が、福島原発事故後に語ったの言葉に最後に耳を傾けてみましょう。※3
アメリカ原子力規制委員会のグレゴリー・ヤツコ前委員長

アメリカ原子力規制委員会のグレゴリー・ヤツコ前委員長
「原発は運転開始からは40年ほどであっても建設に10年かかっているかもしれません。さらに、その前の設計に5年から10年かかっているものもあります。つまり原発は60年…あるいはそれ以上前の技術で作られているということです。多くの原発が改良され最新化されていますが設計の骨格となる発想は50~60年前のものです。どこかの時点で『(老朽原発を無理やり運転させるのは)もういいかげん止めよう』と言わなくてはなりません。」

日本人は福島原発事故から…いったい何を学んだのでしょうか?

私達は再び、日本で起こる原発事故を目撃することになるかもしれません。

▼この関連記事が一緒に読まれています(^O^)
≪原発と再稼働シリーズ≫
老朽化の高浜原発が延長審査合格→40年廃炉は幻
大津地裁が高浜原発の運転停止の仮処分を継続!
老朽化の美浜原発が延長審査合格→40年廃炉は幻
≪福島原発事故は本当に想定外?シリーズ≫
東日本大震災は想定外が政府の嘘とわかる裁判録
東電が完全削除した→地震・津波対策安全宣言!
吉井英勝VS安倍晋三あまりに酷い原発の国会答弁

※1http://fukunawa.com/fukui/5122.html
※2http://fukunawa.com/fukui/16338.html
※3http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160309

▼最新情報を無料でSNS配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

このページの先頭へ