▼原発事故対策の必需品▼
amazon
楽天市場
 更新日:2020年04月05日   公開日:2020年4月5日 

在日アメリカ大使館が新型コロナで日本から出国を促す→日本語翻訳は?

在日米国大使館が英語のみで新型コロナウイルスの注意喚起情報を発表

日本時間の2020年4月3日金曜日の18時41分、在日アメリカ大使館は英語版の公式サイト上のみに新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報健康に関する注意喚起情報 – 在日米国大使館(2020年4月3日)(Health Alert)』を発表しました。※1

後日、在日アメリカ大使館の日本語版の公式サイト上にも同様の新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報』が掲載される可能性は、もちろんあります。※2

しかし日本政府…安倍晋三政権との外交関係を忖度して、この新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報』を日本語には、あえて翻訳せず…このまま黙殺してしまう可能性も同様にあるわけです。

そこで今回は在日アメリカ大使館が日本時間の2020年4月3日に英語でのみ発表した新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報 – 在日米国大使館(2020年4月3日)』の全文すべてを日本語に翻訳してみました。

日本だけが新型コロナウイルスの検査数…そして患者数が異常に少ない。このことをアメリカ政府がどう見ているのか?

そして日本の医療崩壊は早くて数週間後…つまり2020年4月中に起こる可能性があると考えていることが一読すれば、よく分かると思います。

スポンサードリンク

なお読む前に前提知識を少し。在日アメリカ大使館による新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報』は2020年3月以降だけでも3月12日、3月13日、3月23日、3月26日、4月1日、そして今回の4月3日と加筆・改訂されながら最新情報を盛り込み合計6回発表されています。

そして4月3日の『健康に関する注意喚起情報』は、4月1日の『健康に関する注意喚起情報』に2つの段落を加筆し、1つの段落内の飛行機の運行状況を最新のデータに入れ替えたものとなります…大雑把に言ってしまえば。※3

ですから4月3日の『健康に関する注意喚起情報』で加筆された部分が分かりやすいように水色のマーカーで塗ってあります。

あと新型コロナウイルスの『健康に関する注意喚起情報 – 在日米国大使館(2020年4月3日)』の日本語訳全文の後ろに、原文である英語の新型コロナウイルスの『Health Alert – U.S. Embassy Tokyo (April 3, 2020)』も全文掲載しておきます。

読む前の前提知識は以上です。


健康に関する注意喚起情報 – 在日米国大使館(2020年4月3日)

現在、日本はCOVID-19の感染者数の大幅な増加に直面しています。日本国内では過去72時間の間に650人以上の感染が確認されました。1日あたり約200人の感染者の増加が見られます。2020年4月2日、日本ではウイルス発生以来最大となる感染者数の増加が記録されました。医学界や政界では感染者の急増で事態は切迫してきていると多くの人々が懸念を表明しています。在日米国大使館のジョー・ヤング臨時代理大使は2020年4月2日にCOVID-19の世界的感染拡大の観点から日本に滞在している米国市民に対してビデオメッセージを配信しました。

※画面下部の日本語字幕が読みずらい方は全画面再生にすると閲覧できます

「アメリカ国民がアメリカに帰国を希望するならば、今すぐに準備をするべきである。アメリカに居住していて現在日本に一時的に滞在中のアメリカ国民は、アメリカ国外にとどまるつもりでなければ、直ちに帰国の準備をするべきである。」と呼びかけました。

日本の医療制度の能力

米国と欧州の感染者数と入院者数を比較すると、日本で発表されたCOVID-19の感染者数は比較的に依然として低いままです。日本政府の幅広く検査を行わないという判断はCOVID-19の有病率を正確に評価することを困難にしています。外交使節団はアトランタにある米国疾病予防管理センター(CDC)と連絡を取っていて、東京および大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇などにおける日本の医療制度の能力を注意深く監視し続けています。現在の日本の医療制度を信頼していますが、COVID-19の感染者数の大幅な増加により、これから数週間の間に医療制度がどのように機能するかを予測することは困難であると考えています。感染者数が急増した場合には、持病のあるアメリカ国民はCOVID-19のパンデミックの前に受けていた治療ができなくなるかもしれません。

出入国管理対策

日本は、感染症に関する懸念から、外務省が感染症危険情報レベル3に指定した国(米国を含む)を最近訪問した旅行者の入国を禁止しています。米国からの旅行者は、日本への入国が許可されませんので、航空機への搭乗を中止してください。詳細や例外事項については以下を参照してください。

日本政府観光局のウェブサイト
「特別・例外的な事情」と、日本の永住権保持者、日本人の配偶者またはその子である外国人に適用される特定の規則 (法務省2020年4月3日発表)
COVID-19における出入国管理の強化とビザの制限について(外務省ウェブサイト)

国際航空便の減少

2020年4月3日の時点で、日本から米国に飛ぶ航空便の稼働率は感染拡大以前の11%まで減少しています。次に何が起こるか予測することはできませんが、日本の入国規制によって短中期的にさらなる便数の減少も想定されます。今回の危機の憂慮すべき現実の1つは、米国への航空便の減少の影響で、家族の緊急事態の際にすぐに帰国することが難しくなる、もしくはできなくなる可能性があるということです。

米国への帰国を検討している米国市民は、限られた民間飛行便が利用できるうちに、航空会社に連絡し旅行の手配を進めてください。
顧客の需要が減少しているため、日米間の民間航空路線網は縮小の一途をたどっています。現在、日本に滞在し米国への帰国便を探している旅行者は、フライトスケジュールの変更や欠航の可能性について、直ちに利用航空会社と相談してください。
現時点で日本当局は、東京の成田空港や羽田空港で入国審査を経ずに乗り継ぎする搭乗客は、それぞれの目的地に向かうことができるとしています。搭乗客は、空港間の移動や国際線から国内線への乗り継ぎはできません。

日本政府観光局は、旅行者の審査や検疫対策に関する最新の情報を提供しています。また24時間体制で、英語で対応するビジターホットライン(Japan Visitor Hotline)も運営しています。日本国内からは050-3816-2787、海外からは+81-50-3816-2787に電話してください。
また、厚生労働省も24時間体制のホットライン+81-3-3595-2176を設け、オペレーターが英語で対応し、新たな対策についてのQ&Aも提供しています。東京都内在住者は、東京都のウェブサイトでCOVID-19に関する英語版情報を確認してください。

在日米国大使館・領事館の全ての施設は、職員を配置し業務を継続しております。大使館・領事館職員は、米国政府と日本政府の勧告に従い、感染予防のための社会的距離を実践し、不要不急の渡航を最小限にしています。

健康に関する勧告:グローバルレベル4 – 海外渡航中止。国務省はCOVID-19のため、グローバルレベル4の健康勧告を発令しました。

米疾病予防管理センター(CDC)による日本への渡航情報: CDCは3月21日、日本におけるCOVID-19の状況から、レベル3の警告(不要不急の渡航中止)を発令しました。

取るべき行動:
最新情報はCDCのウェブサイトを参照してください。
COVID-19の感染リスクを減らすためにできることについての最新情報は、CDCの最新推奨事項をご覧ください。
最新情報はtravel.state.govのCOVID-19危機ページをご覧ください。
旅行計画あるいは渡航制限に関する最新情報については、利用する航空会社、クルーズ船会社、旅行会社にご確認ください。
日本の状況に関する情報については、COVID-19に関する大使館ホームページをご覧ください。
米国への最新の渡航制限については、国土安全保障省のウェブサイトをご確認ください。
国務省の日本情報のページをご覧ください。
スマートトラベラー登録プログラム(STEP)に登録してアラートを受信しましょう。
在日米国大使館のTwitterとFacebookをフォローしてください。

支援が必要な場合: 在日米国大使館領事部及び領事館一覧

米国大使館
電話: 03-3225-5000, 営業時間外: 03-3224-5000
Email: TokyoACS@state.gov
https://jp.usembassy.gov/u-s-citizen-services/

大阪・神戸アメリカ総領事館
電話: 06-6315-5912
Email: AOK@state.gov

名古屋アメリカ領事館
電話: 052-581-4501
Email: AOK@state.gov

福岡アメリカ領事館
電話: 092-751-9331
Email: FukuokaACS@state.gov

札幌アメリカ総領事館
電話: 011-641-1115
Email: SapporoACS@state.gov

那覇アメリカ総領事館
電話: 098-876-4211
Email: NahaACS@state.gov

アメリカ国務省 領事問題担当
電話: 888-407-4747 もしくは 202-501-4444

By U.S. Mission Japan | 2020年4月3日 | トピックス: 注意・警告危険情報, 領事関連情報 ニュース, 米国市民サービス,

Health Alert – U.S. Embassy Tokyo (April 3, 2020)

Location: Japan
Date: April 3, 2020

Japan is experiencing a significant increase in COVID-19 cases. Over the past 72 hours, more than 650 individuals across the country have tested positive, an increase of approximately 200 cases per day. On April 2, Japan saw the largest increase in cases since the outbreak of the virus. A growing number of medical and political leaders across the country are expressing concern that a surge in cases is imminent. The U.S. Embassy Chargé d’Affaires Joe Young issued a video message April 2 to U.S. citizens in Japan in light of the global spread of COVID-19.



If U.S. citizens wish to return to the United States, they should make arrangements to do so now. U.S. citizens who live in the United States but are currently in Japan should arrange for immediate return to the United States, unless they are prepared to remain abroad for an indefinite period.

Capacity of Japan’s Health Care System

As compared to the number of positive cases and hospitalizations in the United States and Europe, the number of reported COVID-19 cases in Japan remains relatively low. The Japanese Government’s decision to not test broadly makes it difficult to accurately assess the COVID-19 prevalence rate. Our diplomatic mission is in touch with the U.S. Centers for Disease Control and Prevention in Atlanta and continues to carefully monitor the capacity of Japan’s health care system in Tokyo as well as other locations including Osaka, Nagoya, Fukuoka, Sapporo, and Naha. While we have confidence in Japan’s health care system today, we believe a significant increase in COVID-19 cases makes it difficult to predict how the system will be functioning in the coming weeks. In the event of a spike in cases, U.S. citizens with pre-existing medical conditions may not be able to receive the medical care they have grown accustomed to in Japan prior to the COVID-19 pandemic.

Border Control Measures

Japan is barring admission to travelers who have recently visited any country that the Ministry of Foreign Affairs has designated “Level 3” for infectious disease concerns, which includes the United States. Travelers from the United States are not permitted to enter Japan and should not board flights. For details and exemptions, please refer to:

The Japan National Tourism Organization’s website.
An April 3, 2020 Ministry of Justice document that describes “special exceptional circumstances” and specific rules that apply to foreign nationals who are permanent residents of Japan or immediate family members of Japanese citizens.
Japan’s Ministry of Foreign Affairs website on strengthened border control and visa restrictions put in place due to COVID-19.

Decrease in International Flights

As of April 3, only 11 percent of the pre-COVID-19 flight capacity from Japan to the United States remains in operation. While we cannot predict what will happen next, it is safe to assume that Japan’s entry restrictions will further reduce flight availability in the near- and medium-term. One of the sobering realities of the current crisis is that a decrease in flights to the United States may mean getting back to the U.S. for a family emergency in a timely manner could become more difficult or even impossible.

U.S. citizens who are considering returning to the United States are urged to work with their airlines to make travel arrangements while limited commercial flights are still available. Due to a reduction in customer demand, commercial aviation networks between the United States and Japan continue to diminish. Travelers currently in Japan seeking return flights※4 to the United States should immediately consult with their air carrier(s) regarding possible flight rescheduling and/or cancellations.

At this time, Japanese authorities advise that passengers transiting Tokyo’s Narita or Haneda airports without clearing immigration will still be allowed to proceed to their onward destinations in other countries. Passengers will not be permitted to transit between airports or transfer from an international flight to a domestic flight.

The Japan National Tourism Organization maintains up-to-date information on screening and quarantine measures for travelers. It also operates a 24/7 visitor hotline, available in English. To call from Japan: 050-3816-2787; from overseas: +81-50-3816-2787.

The Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare also has a 24/7 hotline at +81-3-3595-2176 with English-speaking operators, and has a Q&A on the new measures.

Residents of Tokyo, should check the Tokyo Metropolitan Government website for information in English on COVID-19.

All U.S. Mission Japan facilities remain open and staffed and U.S. Mission Japan personnel are following United States and Japanese government recommendations regarding social distancing and minimizing non-essential travel.

Global Level 4 Health Advisory – Do Not Travel: The Department of State has issued a Global Level 4 Health Advisory for COVID-19.

CDC Travel Notice for Japan: On March 21, U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC) issued a Level 3 Warning (Avoid Nonessential Travel) for COVID-19 in Japan. 

Actions to Take:

Consult the CDC website for the most up-to-date information.
For the most recent information on what you can do to reduce your risk of contracting COVID-19, please see the CDC’s latest recommendations.
Visit the COVID-19 crisis page on travel.state.gov for the latest information.
Check with your airlines, cruise lines, or travel operators regarding any updated information about your travel plans and/or restrictions.
Visit our Embassy webpage on COVID-19 for information on conditions in Japan.
Visit the Department of Homeland Security’s websiteon the latest travel restrictions to the United States
Visit the Department of State’s Japan Country Information
Enroll in the Smart Traveler Enrollment Program (STEP) to receive Alerts.
Follow us on Twitter and Facebook.

Assistance:

U.S. Embassy Tokyo
Telephone: 03-3225-5000, After-Hours: 03-3224-5000
Email: TokyoACS@state.gov
https://jp.usembassy.gov/u-s-citizen-services/

U.S. Consulate General Osaka-Kobe
Telephone: 06-6315-5912
Email: AOK@state.gov

U.S. Consulate Nagoya
Telephone: 052-581-4501
Email: AOK@state.gov

U.S. Consulate Fukuoka
Telephone: 092-751-9331
Email: FukuokaACS@state.gov

U.S. Consulate General Sapporo
Telephone: 011-641-1115
Email: SapporoACS@state.gov

U.S. Consulate General Naha
Telephone: 098-876-4211
Email: NahaACS@state.gov

State Department – Consular Affairs 888-407-4747 or 202-501-4444

By U.S. Mission Japan | 3 April, 2020 | Topics: Alert, Consular Affairs, News, U.S. Citizen Services

※1https://jp.usembassy.gov/health-alert-us-embassy-tokyo-april3-2020/
※1https://twitter.com/ACSTokyo/status/1246009948624084992
※1https://www.facebook.com/ACSTokyo/photos/a.568087543239277/2880936305287711/
※2https://jp.usembassy.gov/ja/
※3https://jp.usembassy.gov/health-alert-us-embassy-tokyo-april-1-2020/
※3https://jp.usembassy.gov/ja/health-alert-us-embassy-tokyo-april-1-2020-ja/
※4原文はfightsとなっていますがflightsのミススペルと考えられますので訂正しておきました

▼最新情報を無料でSNS配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)

このページの先頭へ