▼2016年人気記事▼

【放射能汚染の真実】関東-茨城県は?

福島原発による放射能汚染の真実に迫ってみようと思います。

実は今回はあえて福島県ではなく、福島のすぐ南の隣県、茨城県。北関東の茨城県をピックアップしてみます。そうすることで改めて見えてくるものがあるからです。

まず放射能汚染と言った場合、今も計測できる放射能汚染と、今ではもう計測できない放射能汚染とがあります。

具体的には半減期の違いに由来します。(なぜ放射性ヨウ素汚染地図が必要?より)

半減期とは、放射性物質が半分に減るまでの時間です。

例えば代表的な核種であるヨウ素131とセシウム137は下記です。

ヨウ素131セシウム137
半減期8日30年


■今も計測できる放射能汚染

放射性セシウム137の半減期は30年であり今も計測できる放射能汚染です。良くも悪くも30年は半減しません。それでこんな立派なセシウム汚染地図を文部科学省が作れるわけです。
放射性セシウム汚染地図-日本全国版

しかし、あなたが関東にお住いで、もしこの地図を見て自分の住んでいる自宅周辺は低そうだから安心…と思って何もしなかったとすれば後で後悔することになるかもしれません。

と、いうのは関東には茨城県日立市や千葉県柏市などホットスポットが多数存在しており、実際に自分の生活圏内を放射線測定器で測ってみないとわからないのが真実だからです。

さらに日本における内部被曝の第一人者、矢ヶ崎克馬琉球大学名誉教授が講演会などでよく話されることですが、上のセシウム汚染地図は航空モニタリングを元にしています。航空モニタリングの場合、鉄筋とコンクリートとアスファルトに覆われた大都市ほど放射線が遮蔽されてしまい地表面の正確な放射線量を測ることができない。ですから…この地図は目安にはなったとしても、信仰の対象にはならないということです。

やはり実際に放射線測定器で測ってみないと放射能汚染の真実はわからないのです。

そして今も放射線測定器で測ることができますからこのセシウムの放射能汚染は、放射線測定器で把握し、表土を剥がしたり、高圧洗浄機で洗う、機械を使ってコンクリートの表面を削るなどの除染によって一定程度は放射線量を軽減することが出来ます。

ただし、放射線が近隣の山や隣近所から来ている場合には、2割~3割しか下がらないケースもあるようです。このことも放射能汚染の厳しい真実…というか現実かもしれません。

■今はもう計測できない放射能汚染

半減期とは、放射性物質が半分に減るまでの時間でした。放射性ヨウ素131の場合半減期は8日です。

ヨウ素131セシウム137
半減期8日30年

つまり放射性ヨウ素は半減期が8日と短かったため8日で1/2、16日で1/4に、24日で1/8に、32日で1/16…という具合に短期間で半減を繰り返し、今ではではもう計測できない放射能汚染となります。

しかし計測は不可能になってしまったにもかかわらず…福島原発事故当時の放射性ヨウ素の放射能汚染地図の真実を求め、研究する学者や機関や大学は後を絶たちません。

なぜなのでしょうか?

それはチェルノブイリ原発事故でIAEA(国際原子力機関)やWHO(世界保健機関)が唯一認めた健康被害が、子ども達の甲状腺がんであり、その原因と考えられるのが放射性ヨウ素131だからです。

そして福島原発事故においても福島県民健康調査の結果、見つかった子ども達の小児甲状腺がんについてヨウ素131が原因ではないか?と疑われています。(※【緊急特集】福島県の子供の甲状腺がん患者数など→最新情報まとめより)
福島県子供の甲状腺がん市町村別地図2016年3月31日版

下記の福島県の地図は、その消えてしまった放射性ヨウ素の真実を復元しようとしたものです。その中に一部、北関東…というか茨城県のデータもありますので、その部分をピックアップして見ていきましょう。

■2013年7月1日公表(日本原子力研究開発機構)

この地図は福島原発事故から2年以上たった2013年7月1日に発表されました。この地図は半減期の8日と短いため今ではきれいさっぱり消えてしまったヨウ素131の代わりに、半減期1570万年のヨウ素129を調べ、穴だらけのヨウ素131汚染地図をできるだけ埋めようというものです。なお、この汚染地図は2011年6月14日時点の放射性ヨウ素の汚染の真実を現わしています。(幻の放射性ヨウ素汚染地図-福島県版まとめより関東部分のみを抜粋)

四角がヨウ素129の調査から推定され追加された箇所です。この調査のおかげで福島原発×から左上と真下へ向かう放射性ヨウ素の赤い汚染が、点から線になりました。やはり放射性ヨウ素は北西、そして南への2方向の流れがあったようです。さらに、この地図の最大の特徴は、茨城県の北部の調査も行われている点です。北茨城市に緑色のが1箇所あり1000~2000ベクレル/m2の高濃度の放射性ヨウ素による放射能汚染があった可能性というか真実が見えてきました。
放射性ヨウ素129汚染地図(2013年7月1日)

■福島県市町村別放射性ヨウ素推定降下量一覧表

上の放射性ヨウ素汚染地図と一体をなす資料には付録がありまして、その付録の1つに『ヨウ素131の福島県市町村別推定降下量』の資料があるんです。つまり上の地図でとあるけど具体的に放射能汚染はいくらなの?ということが書いてある一覧表です。数字を比較する場合は地図より一覧表のほうが見やすいのも、また真実ですので一覧表も見てみましょう。なお、この一覧表も2011年6月14日時点の放射性ヨウ素の汚染を現わしています。

なお、上の地図を見ていただくとわかるように同じ市町村に複数の測定地点があり、かつどの測定地点かは公開されていませんので、同一市町村の測定地点のなかで最高値と最低値のみピックアップして一覧表を再構成しました。

例えば天栄村ですと3つの測定地点があり371、391、535Bq/m2ですので最低値は371、最高値は535として2つの測定地点のデータのみ記載しています。

関東では、茨城県の北茨城市、高萩市、日立市の3箇所のデータを福島県の市町村と比較できます。

一覧表のセルの色は、表を見やすくするため地図の色と一部変えました。色と汚染濃度は以下の通りです。

…5001Bq/m2以上
…2001~5000Bq/m2
…1001~2000Bq/m2
…501~1000Bq/m2
…201~500Bq/m2
□…40~200Bq/m2
≪福島県放射性ヨウ素推定降下量一覧表≫
2011年6月14日時点、37市町村対象
市町村名↓最低値↑最高値
双葉町681728938
浪江町13928197
富岡町28523048
大熊町253221080
川俣町2525153
飯館村7964980
南相馬市2654305
楢葉町5623481
川内村1183402
田村市922644
福島市3432570
いわき市432414
伊達市452260
広野町5061925
葛尾村6891584
相馬市1811154
北茨城市【茨城県】3171134
二本松市2281071
須賀川市307879
本宮市469866
高萩市【茨城県】479836
郡山市109753
白河市144646
天栄村371535
三春町501501
丸森町【宮城県】223460
大玉村407407
中島村380380
日立市【茨城県】370370
西郷村225326
棚倉町156252
古殿町132221
平田村182182
玉川村158158
小野町85145
石川町142142
鮫川村61114

見ていただいてわかる通り、同じ市町村内でも放射性ヨウ素の放射能汚染が低い所と高い所で数字がまったく違う市町村がけっこうあり、浪江町のように200倍以上の差がある所さえあります。これが放射性ヨウ素汚染の厳しい真実というか現実なのです。

※なお関東全域の放射性ヨウ素汚染地図が4枚、幻の放射性ヨウ素汚染地図を復活させる【関東・東京版まとめ】に掲載されています。そちらをご覧下さい。

茨城県北茨城市の子供達3人→甲状腺がん!北関東と福島県との比較

2015年8月25日に☀茨城県北茨城市が発表した『甲状腺超音波検査事業実施結果』によると、福島第一原子力発電所の事故当時に0歳から18歳だった北茨城市民を対象に実施した甲状腺エコー検査などにより3人の子供達が小児甲状腺がん・・・

幻の放射性ヨウ素汚染地図を復活させる【関東・東京版まとめ】

東日本一帯の放射性ヨウ素汚染地図を時系列で☀発表された順番に見ていきましょう。全部で5枚の放射性ヨウ素汚染地図、そして2つの一覧表をご紹介します。 2011年5月10日発表(文部科学省) まず最初の地図は、文部科学省が・・・

幻の放射性ヨウ素汚染地図を復活させる【福島県版まとめ】

福島県内の放射性ヨウ素汚染地図を時系列で☀発表された順番に見ていきましょう。全部で4枚の放射性ヨウ素汚染地図をご紹介します。 【1枚目】2011年9月21日公表(文部科学省)※1 まず福島原発事故の半年後、2011年9・・

▼最新情報を無料でSNS配信中(^O^)



▼ボタンを押せば簡単に記事を共有できます(^O^)



今売れてるAmazon.co.jpのベストセラー

■最新のタグTOP30表示中→京都府 佐賀県 北海道 千葉県 地図 大分県 宮城県 山口県 岡山県 岩手県 島根県 広島県 徳島県 愛媛県 新潟県 東京都 沖縄県 滋賀県 熊本県 神奈川県 福井県 福岡県 福島県 福島第一原発 茨城県 長崎県 青森県 静岡県 鳥取県 鹿児島県『福島原発事故の真実と放射能健康被害』タグクラウドすべて

このページの先頭へ